interview

インタビュー

株式会社セントラル  / 採用案内  / インタビュー

インタビュー対象者

身に付けた技術は
一生なくならない財産になる

2019年入社

藤下 真由

入社してから感じた一番の魅力は
社員の人柄です

2019年入社

新島 瑞穂

—入社のきっかけは何ですか?

藤下さん私は出身が鹿児島なのですが、九州から離れて東京で働きたいという思いがあり、東京で働ける会社を探していたところ、福岡で開催された就職説明会でセントラルに出会いました。大学で学んだ建築系の知識も活かせると考え、エントリーしたのが最初のきっかけです。

新島さん人事の熊坂さんが学校の説明会に参加された時の言葉がとても印象に残っていて、「弊社をキャリアアップの踏み台に使って貰って構わない」という言葉に、大きな衝撃を受けました。会社の利益以上に、社員一人ひとりの成長を目指す企業方針に共感し、こんな会社で働きたいと思いました。

—入社後、大変だと感じたところはありましたか?

藤下さん入社後にはじめて感じた大きな壁は、研修後はじめてクライアント先に配属されたときに感じました。今まで覚えた知識が実践ではほとんど役に立たず、勉強してきた部分が何も活かせない歯がゆさを感じました。最初のうちはなかなか周りにも相談できず、1人で解決しようとして、どん詰まり状態に。でも勇気を出して「教えてもらっても良いですか?」とチームの方に声をかけ、1つひとつメモを取りながら教えて貰うようにしたら、状況は改善されていき、できる事も増えていきました。それでも解決できない悩みには、営業担当の熊坂さんが優しく話を聞いてくださって、とても心強かったです。困った時は必ず助けてもらえるという安心感があるから、次第に挑戦を楽しめる余裕が生まれてくるようになりました。

—これからやってみたいこと、挑戦してみたいことはありますか?

新島さん私は以前からITインフラに興味があったので、今後もインフラ系の知識を増やしながら技術を磨いていきたいと思っています。直近の目標としては、Linaxの資格試験に向けて、現在勉強をしています。セントラルは3回まで資格試験を無料で受けられる制度があるので、その制度を使わせていただくつもりです。

—女性の活躍という視点で、思うところはありますか?

藤下さん最近はどんどんテレワークや在宅勤務の環境が整備され、これから結婚や子育てを考えている女性の方もチャレンジしやすい状況になりつつあると感じます。クライアント先でもママさん社員が育児と両立しながら働いているのを見ると、「手に職」の有難さを感じますね。女性はパートナーの転勤・子育て・介護などのライフイベントによってキャリアを中断されがちですが、もしどこでも食べていける技術を身に付けていれば、一旦中断してもまた新たな就職先を見つけることができます。私は建築系の技術を学んでいるところですが、世の中から建物がなくなることはないように、建物を作る人の需要もなくならないのです。人生イベントに左右されやすい女性こそ、専門的な技術は身に付けて損はないと思います。

—新島さんが考えるセントラルの一番の魅力は何ですか?

新島さん入社してから感じた一番の魅力は、社員の方の人柄ですね。全体的に穏やかで落ち着いた方が多いので、自分としてはとても居心地が良いです。何でも相談できるような柔らかい空気感が社内にあり、きちんと1人ひとりを見てくれていると感じます。また「心変わり」を受け入れてくれるのもセントラルの魅力。やってみて何か違うと感じたら、「じゃぁ、他の道を一緒に探してみよう」と最後まで寄り添ってくれます。ひとつの分野だけではなく、様々な分野を学びたい人にもおすすめしたい会社です。

—最後に、応募される方に向けてのメッセージをお願いします

藤下さんもし仕事がなくなっても、身に付けた技術は一生なくならない財産になります。会社に頼らず生き抜く技術を学べる場所として、セントラルで一緒に働きましょう。

新島さん私もまずは「やってみる」ことが一番だと思います。行動することで解消される不安もあるかもしれません。「将来が不安…じゃぁどうする?」というようなマインドチェンジをすることで、前に進めるのではないでしょうか。少なくとも、セントラルならその不安に対する答えを見つけられると私は思います。